メニュー

糖尿病の治療

糖尿病とは

 糖尿病にはインスリン依存型糖尿病(Ⅰ型)とインスリン非依存型糖尿病(Ⅱ型)があります。Ⅰ型はウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されて起きる糖尿病で、全体の5%がこのタイプであります。Ⅱ型は遺伝要因に加えて食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症し、95%がこのタイプであります。

 

糖尿病の合併症について

 糖尿病は深刻な合併症(網膜症、腎症、神経障害、動脈硬化症)を引き起こすことがあり、最悪の場合、死に至る危険な病気でありますので何よりも早期発見、早期治療が重要です。

 

当院での治療

 当院での治療は、食事療法、運動療法を行うとともに適宜、空腹時血糖、随時血糖(食後2~3時間)、HbA1C測定、また75g経口ブドウ糖負荷試験を実施し、内服薬を調整し血糖コントロールを計っています。

 またインスリン注射も実施しております。

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME